↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

株式会社アシタバ地球号 〜その①〜



株式会社アシタバ地球号

http://ashitaba-earth.com/

 

 設  立  2010年12月

 本  店  東京都世田谷区

 主な事業 ・農業ビジネスコンサルティング

      ・農産物及び加工食品の販売、仲介業務

      ・農業関連教材の企画・開発・販売

       ほか

 

*大槻美菜行政書士事務所では、2010年12月、株式会社設立のお手伝いをさせていただきました。

 

 

 

 インタビュアー コメント                

 

立派な会社のサラリーマンであったふたりが、ある日突然(端から見れば)、農業にめざめる。

 

今の時代、あちこちで聞きそうな話だけれど、果たして、実際に農業業界へ全身で飛び込む人は、まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。

 

私と同年代で農業業界にぽーんと飛び込み、きっとこれから多くの若者たちの先駆者になっていくであろうふたりは、私にとっても、ほぼ同時期に起業した同士のような存在です。

 

そんなふたりにインタビューしました。

                                [2011年7月5日]

 

 

 

●インタビュアー:大槻 美菜

 

●インタビュイー:株式会社アシタバ地球号 代表取締役 千田 弘和さん(右)

 

          株式会社アシタバ地球号 取締役 久保田 淳さん(左)

 

 

 

 

 

「まず、起業してみて、一番楽しいのはどんなとき?」

 

 

俺は、旬の野菜を入荷して、それをお勧めして、買ってもらえたときかな。 

 

 

俺は、うーん。お金数えてるとき。(笑) 

 

 

(笑) 

 

 

それはともかく、お得意さんと会話してると、癒されるな。元々、俺は(サラリーマン時代は)IT業界だったけど、相手がいるリアルな体感は、嬉しいな。 

 

 

顔が見えるってこと? 

 

 

そう。人と会ってるときは、やっぱり楽しい。

 

 

 

 

 

「この先はどうなっていたい?」

 

 

難しいねー。 

 

 

今やっている、八百屋の次にも進むんだよね? 

 

 

野菜を売るのには限界がある、っていうのは見えてきたから、もっと2人の特性を生かした方向が良いかな。俺ならITとか、淳なら企業に対する営業とか。もうちょっとサラリーマン時代の特性を生かしたいなと。 

 

あとは、モノ売ってなんぼ、ではなくて、ソフトやナレッジなど、頭使っていきたいと思うね。 

 

 

その感覚って、起業の前と後とで変わった? 

 

 

変わった。起業前は、正直、やればなんとかなる、って思ってた。野菜は誰でも食うし、必要とされてるものだから、やってできないことはない、と思ってた。 

 

でもやってみて、やっぱり難しい、ということをリアルに感じてる。野菜で儲けてる人って、結局いないでしょ。スーパーだって野菜じゃ儲けてないし。 

 

自然食品店も加工品を扱ってるわけだし。その路線で行くなら、加工品を扱うか、大量に扱うか、っていう路線になっちゃうんだよね。 

 

 

このままいくと、俺たちも、よくある自然食品店のように、加工品をたくさん扱っていかないと会社として成り立たない。そうして行けば良いんだろうけどね〜。 

 

 

そうはしたくないと? 

 

 

したくない。 

 

 

どうして? 

 

 

それなら僕らじゃなくていいと思う。 

 

 

2人がやりたいところは、どこなの? 

 

 

世の中に広まっていない美味しいもの、美味しい野菜を、育て始めた人や農家さんを世の中に広めていきたい、っていうのが、想いとしてある。 

 

 

そういう「想い」の部分は、起業前と後とで、変わってないよ。 

 

おいしいものをちゃんと残していきたい。良い形での新しい流通を作っていきたいし、逆に言えば、生産者はもっと勉強しなきゃ行けないなとも思う。 

 

今やってることは決して間違ってない。だから続けていきたいけど、経営的に成り立つ方法も考えていかないといけないと思う。 

 

でもこういう活動は、もしかしたら、株式会社ではなくてNPOなのかもしれないけどね。助成金とか活かしながらやるとかね。稼ぐ、っていうよりも。 

 

 

でも、ふたりはこの道で稼ぎたい、という思いは、あるんだよね? 

 

 

この道じゃなくてもいい。関連していれば良い。 

 

 

関連というのは、一応は、「農業の範囲」で、とは思ってるんだよね? 

 

 

そもそもね、もう、なんとか業っていう時代じゃないっすよ。 

 

 

なるほど。そのこころは? 

 

 

最近のテーマでもあるんだけどさ、農業も6次産業化って言われてて、農業とかって言うくくりで区切ってちゃダメなんだよ。全部やんなきゃ。

 

だから、「農業でやっていくの?」って聞かれたら、そりゃあ農業絡みでやっていけたら良いけど、それに関連するところだったら、名前のない何んとか業、みたいな新しい分野で良い。境目のないところって、いっぱいあるんだよね。 

 

根本の想いにね、「食」って言うのがふたりともあってね。「食」が豊かであることが世の中の幸せであったり、豊かな世界を作る、っていう風に思っているから、そこを推進するような事業をしていきたい。 

 

 

なるほどねー。