↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

知的資産と知的財産

●「知的資産(Intellectual Asset)」と「知的財産(Intellectual Property)」はなにが違うの?




 「知的資産」という言葉を聞いて、どんなイメージが浮かぶでしょうか?

 おそらく真っ先に頭を過るのが「知的財産」という言葉ではないでしょうか。「知的資産」と「知的財産」は、日本語では言葉の響きや漢字も似ているので、たびたび混同されてしまいます。

 知的資産経営支援の取組みを行う行政書士の中で、こんな失敗話が良く飛び交います。

 知り合いの社長に「知的資産経営に取り組んでみませんか?」とお伝えてみたところ、「知的資産?それって特許とか実用新案のこと? ナイナイ。うちはそんなモノ持ってないよお〜。」と言われてしまい、それ以上話ができなくなってしまった…

 「知的資産」という言葉や概念は、「知的財産」という言葉の陰に隠れて認知度がまだまだ低い状態です。そのため、初めて経営者の方に知的資産についてお話をする際、「知的財産」や「知的財産権」のことだと勘違いされてしまうと、自社とは関係のない話だという先入観を与えてしまい、それ以上聞く耳を持ってもらえなくなることもあるのです。

 経営者の方は忙しいので、ひとたび、関係ない話と判断をしてしまうと、その後なかなか時間を割いてもらえなくなるので、最初の提案では注意が必要ですね。

 「知的資産」は、イコール「知的財産」ではありません。

 「知的資産」は、「無形資産」のうち、その企業の競争力になりうる要素全体を含みます。つまり、「知的財産」も「知的資産」のひとつなのです。

 「知的資産経営」では、「知的財産」をも含めた「知的資産」全体を、企業の強みとしてしっかりと捉えていく、ということがとても重要になります。




知的資産経営導入の支援を行っております。

 

大槻美菜行政書士事務所では、知的資産経営導入の支援を行っております。
以下より、お気軽に、お問い合わせくださいませ。

 

*お問い合わせ内容は、「ご相談」にて、ご入力ください。

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz



知的資産経営トップページはこちらです

 

知的資産経営の導入支援TOPページはこちらから