↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

知的資産の3分類

●見つけた知的資産を分析する「MERITUM」の3分類


 抽出した知的資産やキーワードを、分析・分類する方法に「MERITUMプロジェクト(※1)」による手法があります。

 「MERITUMプロジェクト」による分析とは、知的資産を「人的資産」「構造(組織)資産」「関係資産」の、3つに分類して眺めてみる、というものです。知的資産経営の導入支援では、とても一般的な方法です。

 まずは、分類する3つの指標をご紹介いたします。

① 人的資産
人に属している資産。現社長が引退したら、あるいは、従業員が退職したら、持ち出されてしまう資産。
例:社内の誰かが個人的に持っているノウハウ、技術、能力、人脈、経験、モチベーション など

② 構造資産
会社に属している資産。社長が引退しても、あるいは、従業員が退職しても、会社に残る資産。
例:企業理念、企業文化、ビジネスモデル、ブランド、データベース、仕組み、マニュアル など

③ 関係資産
企業の対外関係、即ち、ネットワークに付随している資産。
例:顧客、取引先、仕入先、提携先、支援者、ネットワーク、金融機関 との関係 など

 例えば以下のような知的資産を分けてみると、どうなるでしょうか?ぜひ、考えてみてくださいね。

 ・地元企業同士のサポート体制
 ・技術者の高い技術力
 ・高い顧客ロイヤリティ
 ・利益率の高いビジネスモデル
 ・営業マンの営業力
 ・明るくて活気ある社風
 ・社長の豊富な経験
 ・強い流通ネットワーク

 この手法では、例えば、どのようなタイプの資産に強みが集中しているのか、裏を返せば、偏っているのか、を視覚的に捉えることができます。

 必ずしも全てがバランスよく揃っていることを目指すものではありませんが、改めて分類してみると、思いのほかさまざまな気づきを得ることができるものです。

 特に、企業の経営上、根幹となる知的資産の多くが人的資産の項目に集中しているような場合には、経営が不安定な状態、と言えるかもしれません。それに気づくことができれば、人的資産の構造資産化という課題の発見と、それを具体的に進めていくという改善策の検討に進むことができます。

 知的資産は見つけたところで終わっては意味がありません。把握して、課題を見つけて、さらにブラッシュアップしていくことにこそ、意味があるのです。

※1「MERITUMプロジェクト」…1998年から2001年の間、ナレッジ型経済の準備を目的として、欧州の6カ国(スカンジナビア3カ国、デンマーク、フランス、スペイン)と9つの研究機関が実施したプロジェクト。




知的資産経営導入の支援を行っております。

 

大槻美菜行政書士事務所では、知的資産経営導入の支援を行っております。
以下より、お気軽に、お問い合わせくださいませ。

 

*お問い合わせ内容は、「ご相談」にて、ご入力ください。

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz



知的資産経営トップページはこちらです

 

知的資産経営の導入支援TOPページはこちらから