↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

事業年度はいつにするべき?

会社の事業年度は、要するに「決算日をいつにするか」を決めることです。

メジャーなタイミングは、4月1日〜3月31日、や、1月1日〜12月31日、などですが、どの月のどの日を決算日にしても全く構いません。

考え方としては、繁忙期を避けたり、赤字や黒字が調節しやすい稼ぎ時を最終月にしたり、覚えやすい日や区切りの良い時期にしたりします。

また、会社設立時の事業年度は、設立のタイミングからなるべく遠い時期になるようにすることも重要です。

例えば、一期は365日を超えることはできませんから、3月31日に会社設立(登記申請)をするような場合に、事業年度を4月1日〜3月31日に設定してしまうと、最初の一期目が、3月31日のたった1日で終了となります。

1日分くらい次期にまとめちゃえば良いじゃん、と思ってしまいそうですが、そうはいきません。たった1日分でもそのために決算をしなければいけなくなりますし、消費税の免除期間も2期分ですから、その1期分がたった1日で終わりになってしまいます。

事業年度を決める際は、必ずさまざまな事情を考慮してちゃんと決めるようにしましょう。

なお、事業年度は設立後に変更することも可能ですから、設立時はひとまず、会社設立日から遠い日に設定しておいて、あとで、本当に事業年度としたい時期に変更する、ということも可能です。





↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz