↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

公告ってなんのこと?

株式会社には、公告義務というものがあります。

「公告」とは、会社の重要な事項(解散や合併時など)について、世に知らせることですが、通常業務の中で関係してくるのは、「決算公告」です。

決算公告とは、事業年度が終了した後の定時株主総会で計算書類の承認を終えたら、計算書類のうち貸借対照表を公にする必要があり、そのことです。この決算公告は、どんなに規模の小さな会社でも、上場していないくても、株主が自分ひとりしかいなくても、必ず行わなければいけない義務になっています。

公告の方法には、「官報」、「電子公告」、「日刊新聞」の3種類があり、どれかを選んで行うことになりますが、日刊新聞とはいわゆる一般の新聞に掲載することを意味しますから、費用がとても高額になります。そのためたいていは、官報か電子公告から選びます。

「官報」とは、国が発行する機関誌のようなもので掲載には数万円がかかります。紙ですのでスペースが限られており、決算の場合は「貸借対照表の要旨」の掲載だけでOKです。登記簿には「官報」とだけ記されることとなります。

一方、「電子公告」とは、会社が自社でもっているWEBサイトなどに掲載する方法ですので、費用は無料です。インターネットですから紙面に限りがありませんから、決算の場合は「貸借対照表の全文」を掲載する必要があります。登記簿には「電子公告」と記された上で、掲載するサイトのURLも合わせて記されます。

どちらが良いのかは一概には言えませんが、費用面で言えば電子公告がメリットが大きいですし、手間や無難さで言えば官報の方がメリットが大きいです。




↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz