↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

資本金はいくらにするべき?

資本金とは、株主さんから会社に出資された金額のことで、会社の体力や規模を表すものとなります。

会社設立時には、事業を始めていませんから収入源は、資本金と借金の2つになります。この元手が多ければ余裕のあるスタートを切れますから、どの程度のお金が必要なのか、いつになれば収入が上がるようになるのかをしっかり見極めて、必要な額の資本金を用意するようにしましょう。

現実には、300万円、500万円、900万円などが多い印象はありますが、みんながそうだからという理由で決めるのではなく、事業に必要な金額をきちんと算出して決めるようにしましょう。

資本金は、現在は、いくらに設定してもよく、1円でも構いません。但し、実務上は1円の資本金の会社では信用は低いですし、お金を借りるにも資本金がひとつの判断基準になるため借金もしにくくもなり、お勧めはできません。あくまでも法律上は1円株式会社も可能だ、ということです。

なお資本金とは、入れ物の大きさを示すようなもので、手持ちのお金や銀行残高が増減しても、それに合わせて資本金が増えたり減ったりはしません。もし、資本金の金額自体を変えたい場合には、増資や減資という特別な手続きによって、変更する必要があるのです。

なお、ときどき、見せ金によって会社を設立されようとされる方がいらっしゃいますが、これは違法行為なので十分に注意してください。

見せ金とは、本来資本金として会社に入れる予定の無いお金をいったん振り込みだけをすることで、資本金がその金額分あるかのように見せ、会社設立後すぐに引き出して、会社にはその分のお金が実質には入っていない状態のことを言います。この場合、会計上と実際のお金がくい違ってしまいますし、違法行為によって信用は下がってしまうわけですから、逆効果です。





↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz