↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

株主と社長、偉いのはどっち?

会社の中で一番偉い人は?と聞かれれば多くの人が「社長」を思い浮かべると思いますが、実際はちょっと違います。

株式会社における重要事項は、原則、株主総会で決議することになっていますので、株主総会で権利を持っている人、即ち、株主さんが一番権力をもっている、と言えるのです。

さらに最も重要なポイントとしては、社長を選ぶのは株主だ、ということです。日常業務の中において、会社の経営権を持っているのは社長(代表取締役)ですが、その社長を選ぶ権利があるのは株主なのです。

これこそがすなわち、株式会社の「所有と経営の分離」の意味するところでもあり、お互いに役割を分担しているのです。

株主はお金を出して、会社を上手に経営してくれる人を経営者に選び、会社を託します。社長は株主が出してくれたお金を元に、託された会社の経営を行います。

どちらが偉いか、という抽象的な表現の場合、何とも言えませんが、社長がすべての権利を握っていると言う理解は、誤っているということです。

但し、日本の中小企業の多くでは、社長が株主でもあるという場合が多いので、そういう場合は、その人がすべての権力を握っている、ということになります。

逆に、元の社長が大株主であるような場合で、株主を変えないまま社長だけを変えても、元の株主(前社長)の言いなりになる、傀儡状態になってしまいます。

株主と社長は、財力と経営力というそれぞれの力を持ちよって一緒に会社を育てる、協力者でありたいですね。





↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz