↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

現物出資ってどうやるの?

一般的に、出資は現金で行いますが、現金以外の「モノ」でも出資をすることができます。これを「現物出資」といいます。

手持ちの現金が足りない場合や、個人で購入したものの会社用にしたい備品などがある場合は、現金を動かさずに出資を行うことができます。

出資できるモノは、譲渡可能な財産であればよく、多くの場合、不動産、車、パソコン、什器、家具、在庫、有価証券、などで行われます。

ちなみに必ずしも「有形」である必要はなく、知的財産権やホームページなどでも出資することが可能です。

なお、モノで出資する場合には、そのものの価値を担保するため、原則、検査役の調査が必要になりますが、一定の場合は免除できることになっており、たいていは、免除できるように工夫します。

免除できる場合は以下のケースです。

1:現物出資するモノの価格の合計が、500万円以下の場合
2:有価証券の場合で、市場価額を超えない場合
3:弁護士、税理士、公認会計士さんらの証明を受けた場合(不動産の場合は不動産鑑定士の鑑定も)

会社設立時に現物出資を行うには、定款にその旨と現物の内容を記載して行います。

会社設立前に、個人で既に仕入れを始めていたような場合や、親会社の事業を分化して子会社を作るような場合にも、よく使われています。





↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz