↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz



[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

株式会社と合同会社、どっちが良いの?

株式会社と合同会社の違いはなんでしょう。

法律上で言えば、株式会社は所有と経営が分離しており、合同会社は所有と経営が一致している、というのが違いです。

合同会社は、日本版LLCとも呼ばれ、最近設立することができるようになった新しい会社形態です。

当初は、小さい会社向けと言うイメージでしたが、今や、西友やアップルジャパンやP&Gなど、大規模でも、株式会社から合同会社へ鞍替えする会社もあり、必ずしも小規模向けとは限りません。

合同会社の主なメリットは以下です。
 ・設立費用が安い(株式会社は約25万円/合同会社は約10万円 ※いずれも紙定款の場合)
 ・公告義務がない(決算を公にする必要がない)
 ・役員の任期がない(任期満了による変更手続きの必要がない)
 ・自由(配当や機関設計において、株式会社のような法律上の決まりがない)

このように見てみると、合同会社の方が良さそう!と思いますが、必ずしもそうとは限りません。

例えば資金調達で考えた場合、株式の制度がありませんから、出資による資金調達はできませんし、株がない以上、当然ながら上場もできません。

また、自由であることの裏返しとして、社会的信用度は下がる傾向にあります。

さらに実務上の大きなデメリットとしては、経営が自由な分、ひとたび経営者の間で判断や意見が割れてしまった場合には、法律で何も決まっていないがために結論の決め手がなく、永久に平行線となってしまうということです。

自由ということは自分たちで決めなければいけないことが多い、ということでもあり、事業の中身ではないことで、多くの話し合いが必要になります。事業そのものにだけ注力したいような場合には、株式会社のように法律であれこれ決められている方がラク、ということもあるのです。

株式会社にするのか合同会社にするのかは、十分にそれぞれの特徴を理解した上で、慎重に選ぶようにしましょう。





↓ 会社設立のトップページはこちらです 



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらをクリック↓


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz