↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz


[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

NPO法人と一般社団法人はなにが違うの?


「NPO法人」も「一般社団法人」も、非営利法人と言う大きなくくりでは、同じジャンルに分類できますが、根本的にできた経緯や根拠となる法律も別になっています。


NPO法人は、NPO法と呼ばれる「特定非営利活動促進法」に基づいて設立される法人です。NPO法は1995年の阪神淡路大震災がきっかけとなってできた法律で、ボランティア団体にも法人格を与えよう、という意図で1998年に制定されました。


一 方で、一般社団法人は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて設立される法人です。もともと「社団法人」と言う 法人は存在しましたが、法律の改正により、「一般社団法人」「公益社団法人」「一般財団法人」「公益財団法人」の4種類の法人が設立できるようになったことで、以前の「社団法人」という法人はなくなりました。


NPO法人と一般社団法人は、非営利を目的としている(利益が分配できない)と言う点では、同じような主旨の法人ではありますが、具体的には、異なる点が多数あります。


NPO法人と比較した場合の、一般社団法人のメリットとデメリットを、ざっくりとご説明いたします。

【メリット】
★設立が容易
NPO法人の設立手続きは、審査があり、通らないこともあり、大変です。設立には最低でも約半年間かかります。一方で、一般社団法人なら数日からの設立も可能で、審査などはなく、よほどのことが無ければ設立できないということはありません。


★運営が楽
NPO法人は決算の他にも活動の報告義務などがあり、運営中においても負担が多くかかりますが、一般社団法人の運営上の義務は主には決算だけですので、比較的ラクです。


★2名から設立できる
NPO法人の設立には最少でも10名が必要となりますが、一般社団法人なら、2名の社員からスタートすることができます。


★会員の限定が可能
NPO法人は、入会にあたって不当な条件を付することができず、基本的に、希望者の入会を拒むことができません。一方で、一般社団法人は会員を限定することもできますので、入会者をコントロールしやすくなると言えます。


★議決権も変えられる
NPO法人の場合、社員の議決権は1人1票と決まっていますが、一般社団法人の場合、議決権の量を人によって変えることも可能になります。


★活動内容が自由
NPO法人は、主となる活動の内容が以下の17の分野に限られていますが、一般社団法人には活動に制限はありません。
  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. まちづくりの推進を図る活動
  4. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  5. 環境の保全を図る活動
  6. 災害救援活動
  7. 地域安全活動
  8. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  9. 国際協力の活動
  10. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  11. 子どもの健全育成を図る活動
  12. 情報化社会の発展を図る活動
  13. 科学技術の振興を図る活動
  14. 経済活動の活性化を図る活動
  15. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  16. 消費者の保護を図る活動
  17. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動


★非営利法人なら税制の優遇もある
一般社団法人には、非営利型と普通型(通称)があり、非営利型の場合は税制の優遇を受けることも可能になります。


【デメリット】
★NPO法人の方がしっかりしているイメージがある
一概には言えませんが、NPO法人の方が、設立に審査があり、運営上でも報告義務があるなど、さまざまな負荷がある分、それをきちんと行っているということで、信用・信頼が、より高いイメージがあります。


★寄付者が所得控除が受けられない
一般社団法人では、寄付をした人が所得控除を受けることはできません。一方でNPO法人の場合、認定NPO法人になれば、所得控除を受けられるようになります。

一般社団法人も公益社団法人になれば、所得控除を受けられるようになりますが、NPO法人が認定NPO法人になるより、一般社団法人が公益社団法人になるのは、はるかに難しいのです。

所得控除が受けられる法人だと、大口の寄付が受けやすくなりますので、額の大きな寄付を狙いたい場合には、認定NPO法人を検討されてみるのも良いかと思います。


★設立費用がNPO法人より高い
一 般社団法人の設立にかかる費用は約11万円ですが、NPO法人の設立費用は0円です。但し、NPO法人の設立の書類はややこしいため、なかなか自分たちだけで作るのは難しいものです。そのため、専門家に依頼することが多いため、実際の設立費用は、それほど変わらないかもしれませんね。


一般社団法人設立のTOPページはこちら

 

法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらから!

 

 


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz