↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz


[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

一般社団法人の税金はどうなってるの?


社団法人は、税制上は、以下の3パターンに分類されます。

・一般社団法人 普通型
・一般社団法人 非営利型
・公益社団法人


ですので、一般社団法人を設立する際にも、普通型で良いのか、非営利型にしたいのか、予め考えておかなければなりません。この違いをしっかりと理解せずに設立してしまうと、求めていた法人と、異なる内容で設立されてしまうことがあります。


また、普通型にするか非営利型にするかは、申請書に、どちらか○をつけて選ぶというような、分かりやすいステップが用意されているわけではありません。あくまで、定款の内容や組織の形態によって決まりますので、設立時にはよくよくご検討されてから、定款を作りましょう。


「公益社団法人」及び「一般社団法人(非営利型)」の税金は、以下のようになっています。

 ・「収益目的事業」以外=「公益目的事業」に対しては、非課税。
 ・「収益目的事業」に対しては、法人税率25.5%(所得金額が、年800万円以下までなら15%)。
 ※「収益目的事業」とは、物品販売業、製造業、など、34の事業が定められています。


また、「収益事業から得た利益」を、「収益事業以外の事業」に使用した場合、その分を「寄付金」とみなすことができる、「みなし寄付金制度」は、「公益社団法人」のみが、認められています。


なお、「非営利型の一般社団法人」は、「みなし寄付金制度」以外「NPO法人」と同じ税制に、「普通型の一般社団法人」は「株式会社」などと同じ税率に、なっています。


そして、ここでの最大のポイントは、「公益社団法人」になるのは、かなり大変であるにもかかわらず、「公益社団法人」と「非営利型の一般社団法人」との税金面の違いが、「みなし寄付金制度」のみである、という点です。


逆に言えば、条件さえ満たせば、登記一つで設立できる「非営利型の一般社団法人」は、非常に大きな魅力のある法人、と言えるのではないでしょうか。


一般社団法人設立のTOPページはこちら

 

法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらから!

 

 


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz