↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz


[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

親族1/3規定ってなに?

非営利型一般社団法人となるためには、親族関係者が1/3を超えないようにしておく必要があります。そのルールを、俗に、親族1/3規定、と呼びます。


このルールに当てはまるためには、まず最低でも、理事は3名以上必要となります。ひとりやふたりではこのルールには当てはまることができません。


例えば、理事が3名の場合なら、3名とも他人でなければなりませんし、理事の中に親族関係者が2名いる場合には、他人を4名入れて全体で6名の理事が必要になります。


なお、これは監事が複数人いる場合にも、同様の条件となります。


そして、このことを定款に定めておきます。以下が定款の記載例です。


(理事の制限)
第●条 理事のうちには、それぞれの理事について、当該理事と次の各号で定める特殊の関係のある者である理事の合計数が、理事の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。監事についても同様とする。
(1)当該理事の配偶者
(2)当該理事の三親等以内の親族
(3)当該理事と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者
(4)当該理事の使用人
(5)前各号に掲げる者以外の者で当該理事から受ける金銭その他の資産によって生計を維持している者
(6)前2号に掲げる者と生計を一にするこれらの者の配偶者又は三親等以内の親族
(7)他の類似の団体(公益社団法人及び公益財団法人を除く)の理事又は使用人である者、その他これに準ずる相互に密接な関係にある者



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらから!

 

 


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz