↓お問合せはこちら↓

お電話とメールの方はこちらから

 TEL:03-6457-8524

お電話対応時間:平日10〜18時
 office@confidante.biz
---------------------------------
 ↓事務所トップページはこちら↓
 大槻美菜行政書士事務所

東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号 第10081560号
中小企業診断士 登録番号 第412142号

資格スクール“LEC東京リーガルマインド”
中小企業診断士 講師

東京都渋谷区代々木1-37-7-601
TEL:03-6457-8524
FAX:03-5354-1524
URL:http://www.confidante.biz
MAIL:office@confidante.biz


[取り扱い業務]

 *株式会社・合同会社設立
 *一般社団法人・NPO法人設立
 *知的資産経営支援
 *各種許認可申請
 *契約書作成
ほか。
お気軽にお問い合わせください!
---------------------------------

---------------------------------

 ↑株式会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑合同会社設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑NPO法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑社団法人設立をお考えの方は
 こちらをご覧ください。


 ↑契約書の作成をお考えの方は
 こちらをご覧ください。

 ↑知的資産経営をお考えの方は、
 こちらをご覧ください。


↑科学雑誌で有名な「Newton」から
電子書籍『行政書士の世界』配信中。

私も執筆者のひとりとして
「知的資産経営」をテーマに連載中!


---------------------------------


 ↑「知的資産経営」導入支援の
 ための、アドバイザリーチーム

 立ち上げました。


---------------------------------
   ↓行政書士ブログ↓

---------------------------------

  ♪ツイッターしています♪

基金ってなに?

一般社団法人には、資本金というものがありませんので、何もしなければ、0円からのスタートになってしまいます。けれども実際には、法人の設立費用で最低でも11万円ちょっとかかりますし、どんな活動をするにも、先立つものが必要です。


そこで、事業に必要なお金を集めるために、資金を拠出してくれる人を募集できる制度として「基金」と言う制度があります。


基金には返還義務がありますので、一応は、借金のようなものではあります。ただし、拠出者(お金を出した人)は、いつでも返還請求できるわけではなく、決められたときにしか返還請求ができません。また、利息もつけられません。そのため、一般社団法人にとっては、都合の良い借金、と言えます。


ちなみに、あくまでも借金のようなものであり、出資ではありませんから、株式会社の配当のようなものは認められません。


なお、基金の制度をとりいれる場合には、その旨を定款に定めておく必要があります。


以下が定款の記載例です。


(基金を引き受ける者の募集)
第●条 当法人は、基金を引き受ける者の募集をすることができる。
2 基金の募集、割当て及び払込み等の手続きについては、理事会が決定するものとする。

(基金の拠出者の権利に関する規定)
第●条 基金は、拠出者と合意した期日までは返還しない。

(基金の返還の手続)
第●条 基金の返還の手続については、法令の定めるところに従い、定時社員総会が決定したところに従って行う。



法人設立手続のお申込み

 

法人設立の「お申込み」「お問い合わせ」はこちらから!

 

 


 
お電話でのお問い合わせは、こちらから
TEL:03-6457-8524

 

メールでのお問い合わせは、こちらから
office@confidante.biz